그림7.png

ボワシエ

​BOISSIER

1927年、フランスパリで

​始めた老舗メゾンの
繊細で美しいショコラ

193年の歴史や伝統を守るぬいて

フランスの王族や貴族が

愛してやまなかった

究極のスイーツ

現代の洗練されたデッサン性を

取り入れた極上の

​ショコラ

그림7.png

パリジェンにも​特別な意味の

美しさを乗り越えた

​ショコラ

フランス商品

輸入食品

個人輸入

フランスブランド

輸入食品

フランス商品

輸入食品

個人輸入

フランスブランド

輸入食品

그림9.png

Maison

​BOISSIER

べリセール・ボワシエ(Bélissaire Boissier)はマロングラッセ(栗の砂糖漬け)をの技法を初めて確立したといわれており、他にも独自のグラッサージュ(砂糖漬け)のテクニックを使った製品を次々と増やしていき、1827年、フランスで最も美しい都市であるパリにメゾン・ボワシエをオープンしました。

펄 셀레스트.jpg
그림1.jpg

べリセール・ボワシエ(Bélissaire Boissier)はマロングラッセ(栗の砂糖漬け)をの技法を初めて確立したといわれており、他にも独自のグラッサージュ(砂糖漬け)のテクニックを使った製品を次々と増やしていき、1827年、フランスで最も美しい都市であるパリにメゾン・ボワシエをオープンしました。

1840年にフランスでキャンディはひとつのトレンドとして注目を集めており、イギリス王室チョコレート専門店であるシャルボネルエウォーカー(Charbonel et Walker)とすでに19世紀からパートナーシップを結んでいたことからもわかるように、ボワシエはその名声を広げていた。当時、ボワシエの近くに住んでいた小説家ヴィクトル・ユーゴーもボワシエのの常連客として有名でありました。

 

1857年、べリセール・ボワシエは自身のブランドを若く、先見の明ある実業家シリル・ロビノー(Cyrille Robineau)に受け渡します。シリル・ロビノーは、新製品の開発はもちろんのこと、商品パッケージをお洒落に変え、店の装飾にもこだわりを持っております。その当時、最も有名なイラストレーターにパッケージをデザインさせ、このデザインは今日でも使用されています。

アレクサンドル・デュマ、エミール・ゾラ、ゴンクール兄弟などの作品にもボワシエの商品が無数に引用されており、「ボワシエ」があらゆる人々に贅沢と喜びを体現してきたといえます。数十年の間に3回も戦争が起きたにもかかわらず、現在ボワシエは4世代目に受け継がれています。

「ボワシエ」は創業以来、伝統のノウハウと最新のトレンドを融合させたお菓子を発信し続けています。

그림7.png

ボワシエのヒストリー

History

 

BOISSIER STORE

La collection de Printemps est arrivée ! Bois Flottés, Guimauve...     ainsi que les dragées......

"Boissier tient la dragée haute et fait ce qu'il vous plaît !!!!"

Prenez soin de vous !! 

L'équipe Boissier  

PRODUCT LIST

現在ここに表示する 商品はありません。